行政書士とは?

行政書士の仕事は、各種の書類作成と、その書類に関する相談業務です。「書士」という名称からか、「書類を作る人」というイメージを持たれることも多いようですが、行政書士はただ書類を作っているだけではありません。その書類についての相談も受けるし、役所への書類提出もします。

さて、行政書士が作成する書類は、大きく3つに分けられます。

  1. 官公署に提出する書類の作成
  2. 権利義務に関する書類の作成
  3. 事実証明に関する書類の作成

これだけでは、漠然としていてよくわかりませんので、一つ一つご説明しましょう。

最初に、「官公署に提出する書類の作成」。
官公署とは、いわゆる「お役所」です。総務省とか外務省とかの省庁や、都庁・府庁・県庁、市役所や区役所や町村役場、保健所や警察署・・・etc.です。

この官公署に提出する書類は、許認可申請書が多くを占めます。例えば、建築会社を始めたい人の依頼を受けて、建築業許可申請書を作成するような仕事です。

次に、「権利義務に関する書類の作成」というのは、人の権利を発生させたり、権利があることを主張したり、また、権利をなくしたりするときに、必要となる書類の作成です。

具体的には、消費貸借契約書、賃貸借契約書、請負契約書などの契約書類や、遺産分割協議書、内容証明、嘆願書などの作成になります。

そして、「事実証明に関する書類の作成」。これは、世の中に実際に存在する(した)事実について、書類を作成することです。事実に基づいた図面の作成、事実に基づいた取締役会議事録の作成などです。

もちろん、ただ書類を作るだけでなく、法律にのっとった形で作る必要があります。また、依頼者の主張を書類に反映させるためには、依頼者の話をよく聴く必要があります。更に、依頼者にとって、よりよい結果を出していくためには、適宜アドバイスもしなければなりません。

ですから、行政書士の仕事は、半分以上は「人と話す仕事」になることが多いのです。行政書士というと、黙々と書類を作っているイメージがあるかもしれませんが、そんなことはないのです。